育毛や発毛によい食べ物とはどんなものか

髪を作るための栄養

発毛や育毛をするにあたって、たとえどんな治療をおこなっても、髪そのものを作る栄養をとっていないと、健康な髪が生まれることがなく、うまく育つことがありません。そのためには、髪の主成分となるたんぱく質をとっておくことが大切です。

たんぱく質は人間の三大栄養素と呼ばれていて、とても大切な栄養素です。ダイエットなどをしすぎていることからたんぱく質がずっと不足している状態が続き、筋肉や骨などに必要な栄養素が回っていないことも考えられます。

それは髪にも同じことが言え、たんぱく質が不足していることが、育毛がうまくいかない原因のことも考えられます。

たんぱく質は、鶏肉や青魚などの主菜、たまご、女性がとりやすい乳製品や、毎日摂取しやすい豆腐などの大豆製品などに多く含まれています。

ヨーグルトなどは、毎日おいしく続けやすく安価ですので、おやつに取り入れてもよいです。

血流を良くしたり頭皮の健康を促進する

新しい髪や今生えている毛が丈夫に健康に育つためには、栄養をしっかり届けるためにも、血流を良くしておくことが大切です。

また、手入れが届いてない畑に野菜が実らないように、健康な毛が生えてくるためには、地肌の健康を守ることも大切です。

血流をよくするためには、ビタミンEなどのナッツ類やごま、玄米、カボチャなどがおすすめです。ビタミンEには抗酸化作用もあり、身体の中からさびていくのを防いでいきます。

ビタミンBは肌の健康を守ってくれ、新陳代謝を活発にしてくれます。バナナ、チーズなどの乳製品や、まぐろいわしなどの魚類に含まれます。

身体の中からも健康にすることで、健康な髪が育ちやすい環境になります。

抜け毛を防ぐ

せっかく生えてきたり、育ってきている毛がすぐに抜けてしまっていては意味がありません。抜け毛予防には、亜鉛やヨードが良く、貝類やレバー、うなぎ、海藻類、レバーなどがおすすめです。

普段の生活の中ではなかなか接種できない食べ物や栄養と考えられることから、亜鉛などのサプリを摂取すると、毎日簡単に必要な量を摂取することができます。