2種類の転職エージェントを使い分けよう

転職をしようと考えた時には、最初に転職サイトを閲覧して転職市場の動向を探る所から始める人が多いです。

しかし、いざ転職活動を始めようとすると働きながら相手の会社との連絡を取ることがいかに難しいか現実に直面することになるでしょう。

働きながら転職活動をするなら、2種類の転職エージェントを使い分けると良いです。

限られた業界の転職を得意とする転職エージェント

IT業界や特定の専門職を専門とする転職エージェントは、元々コーディネーターになる前にその業界にいた人が担当しているケースが多いです。

転職エージェントを利用した転職先として、その転職エージェント会社を選んだ人ならば、閉鎖的な業界であっても出身者ならではのツテを使って転職先を確保出来ます。

とりわけ有資格者でなければ務まらない職種限定で探す際には、働きながら探す際の相手先との連絡を一手に引き受けてくれるので転職先企業にとっても連絡が取りやすくて便利です。

中にはシフト制でスケジュールが組まれている人もいるので、先に電話連絡可能な時間帯と日程を転職エージェントに伝えておくだけで、転職先候補企業の人事担当者との連絡がスムーズになります。

非公開求人に強い転職エージェント

転職エージェントの中には、転職先候補企業から非公開求人を託されている所が少なくありません。

転職情報誌や転職エージェントを経由しても滅多に紹介されない好条件の求人情報は、非公開求人を得意とする転職エージェントに集まります。

なぜなら、競争が激しい業界ほど互いの会社からの人材引き抜きを常に軽快しているので、人材不足が外部に露呈しないように求人情報管理は特に厳しいからです。

非公開求人を多く扱う転職エージェントは、情報管理力と営業力に定評があると分かるので、転職先として非公開求人から探したいなら利用しない手はありません。

最初は会社名を伏せた状態で条件と仕事内容の提示が行われるので、会社名を聞かずに転職条件の確認に入ります。

双方が合意して初めて転職先企業情報を開示出来るという慎重さがあるからこそ、非公開求人は貴重な人材確保のために使われています。

好条件の求人は転職市場に公開の形では出回らないことを知っておくと良いでしょう。